練馬金子ゴールデン(麦)

Copyrightⓒ2015 JA-Tokyochuokai All rights reserved.


野菜ではないため参考登録

 我が国のビール麦栽培は外国から導入された品種によって始められました。本格的に導入されたのは明治時代に入ってからで、明治30年代には金子丑五郎氏が育成し、国産ビール麦として明治、大正、昭和まで栽培されました。
 JA東京あおばではビール加工を目的に平成19年から栽培をはじめました。

代表的な栽培地区のJA

JA東京あおば  HP

URL  http://www.ja-tokyoaoba.or.jp/