シントリ菜(ちりめん白菜)

昭和40(1965)代になり江戸川区、葛飾区、足立区で盛んに作られました。葉全体がやわらかく、火を通しても歯ざわりがよいことから、当時まだ国内で生産されていなかった、チンゲン菜に代わる野菜として、中華料理の炒め物やスープに使われるようになりました。しかし、中国野菜が多く各地で作られるようになってからは生産されなくなってきています。




代表的な取扱い地区のJA

JA東京むさし HP

URL  http://www.jatm.or.jp/
Copyrightⓒ2015 JA-Tokyochuokai All rights reserved.