汐入ダイコン(二年子ダイコン・時無しダイコン)

江戸時代の明暦2年(1656年)から栽培された大根。荒川区にある胡録神社は、高田、杉本、竹内の3氏が永住した際に改築しできた神社で、その八代目嘉左衛門の頃に汐入大根の栽培が盛んになりました。

隅田川上流の荒川地域で作られた物は「荒木田大根」と呼ばれ、下流の汐入地域で作られた物は「汐入大根」と呼ばれました。

二年子大根というのは、晩秋に種子をまき、翌年の春に収穫します。根は細長くて小さいのですが、品不足の時期に珍重されました。



代表的な取扱い地区のJA

JA東京むさし HP

URL http://www.jatm.or.jp/

Copyrightⓒ2015 JA-Tokyochuokai All rights reserved.