砂村三寸ニンジン

Copyrightⓒ2015 JA-Tokyochuokai All rights reserved.


 砂村三寸ニンジンの起源は「砂町・大島町あたりにおいて、明治20年前後に横浜から種子を得て栽培したのが始まりとされている。」と『江東区史』に記載されている。江戸時代以前には1mにもなる滝野川ニンジンが主流であったが、収穫が大変なため短根種を導入した。