柳久保小麦(麦

Copyrightⓒ2015 JA-Tokyochuokai All rights reserved.


野菜ではないので参考登録
 江戸時代の嘉永4年(1851)、現在の東久留米市柳窪の奥住又右衛門が、旅先から一本の穂を持ち帰って育て、その中から優良な小麦を見つけ出しました。良質の小麦粉がとれ、うどんにすると非常においしく香りがよくて人気があり、第二次大戦前まで東京各地や神奈川県など近隣県でも栽培されました。また、麦の草丈が長いので、麦藁は農家の「わら屋根」にも利用された重要な品種でした。 しかし、戦時中の食糧増産のなかで、収量が少ないこと、倒れやすいことなどから、姿が消えて「幻の小麦」となりました。
 昭和の終わりに、四代目にあたる奥住和夫氏が熱意をもって、農水省生物資源研究所のジーンバンクに保存されていたタネを300粒譲り受けて、栽培を復活しました。

代表的な取り扱い地区のJA

JA東京みらい  HP

URL  http://www.ja-tokyomirai.or.jp