トップ > JA東京中央会 > JA東京中央会の組織

JA東京中央会の組織

 JA東京中央会の組織は次の通りです。業務は、第31回JA東京大会で決議されたグループ目標達成に向け、実施しています。

JA東京中央会 東京都農業協同組合中央会

会長 須藤 正敏
〒190-0023 立川市柴崎町3-5-25
TEL:042-528-1370(総務企画部) FAX:042-528-1374
JA東京中央会 組織図
総   会: 会員数 22(総合JA15・専門JA3・連合会4)
理事会構成: 12人(会長、副会長、専務理事、常務理事 各1人、非常勤理事 8人)
監事会構成: 3人(代表監事 1人、監事 2人)

担当部署の内容

総務企画部

中央会の役員に直属し、会の目標を達成すべく、内部の統制を行っています。更に、JA東京グループが一体的に機能することを目標にJAと連合会との総合的な調整を担っています。

地域振興部

営農農政担当

東京の農業振興に係わる事業を幅広く担っています。例えば、農畜産物の安全に関わることや農業振興に関して、農政活動や、生産者・農業後継者の育成など、JAの指導事業と連携し、更に消費者や地域住民と東京農業を調整するなど、幅広い活動を展開する役割を担っています。

生活広報担当

組合員の多様な生活に係りJAが実施する事業やJAグループが実施する教育文化活動・広報活動、女性組織に係る事業、更に健康管理活動・高齢者福祉活動の推進・強化・充実に関する事業など、JAの生活事業に係る指導事業を幅広くサポートする役割を担っています。

経営教育部

経営担当

JAの経営基盤確立に必要な指導業務を担っています。事業範囲は、JAの経営執行体制、経営管理機能、財務健全化指導、労務管理指導、その他JA経営全般に関連する事項などJA経営全般に及びます。

教育担当

JAがその目標を達成するためには、優秀な人材が必要です。役職員の資質向上と人材育成を目標に、様々な研修会など、役職員に対する教育を実施する役割を担っています。

システム企画部

JAグループ内の情報システムの企画・運用を担っています。

改革推進本部

(1)農畜産物の高付加価値化戦略(2)小中学校の学校給食や食育のサポート(3)農地の有効活用の3つの事業を展開し、農業者の所得増大と農業生産の拡大に対する役割を担っています。

JA全中JA全国監査機構東京都監査部

JAや連合会に対し、外部監査人としての監査を実施し、JAの財務諸表の適正を保証します。独立性を確保するため、全国域を事業範囲として、全国監査機構を設置し、東京都中央会の統制外組織となっています。

  • 平成30年度農業政策・税制改正要望 JA東京グループ
  • 平成30年度東京都要望 JA東京グループ
  • 中途採用職員募集(農協監査士試験合格者 随時募集中)
  • JA東京アグリパーク おいしい情報届けます!
  • 江戸東京野菜
  • 『江戸・東京やさいマップ!』東京都内発祥の野菜をまるかじりっ!
  • とれたて!JA直売所
  • 東京野菜レシピ
  • 都市農地の役割
  • TOKYO農業体験 農園めぐり
  • ご存知ですか?災害協定マップ
  • 風景・景観写真コンテスト 東京「農」の風景
  • とうきょう農紀行
  • 東京都農業会館
  • JAグループの提言案 農業復権に向けた ご意見募集!
  • 2012国際協同組合年東京都実行委員会
    国際協同組合年東京都実行委員会 (事務局:東京都生活協同組合連合会)のWEBページにジャンプします