トップ > JA東京グループ > JA東京大会

JA東京大会

第31回JA東京大会

JA東京グループは「JA東京グループ自己改革の実践-農業者の所得増大と都民理解の醸成-」をテーマに平成27年12月1日、渋谷区の明治神宮会館で「第31回JA東京大会」を開き、JAの組合員代表や役職員、関係者約1,700人が参加しました。

 

今回の大会では、農協法の改正によりJAグループの組織・事業のあり方が大転換期を向かえている中、JA東京グループの総意を結集し、東京農業の振興と地域協同組合としての再構築を図り、以下4つの議案を満場の拍手を持って採択し、総力を挙げて取り組むことを決議しました。

  1. (1)東京農業の振興を踏まえた農業者の所得増大
  2. (2)地域貢献活動による都民理解の醸成
  3. (3)組合員と共に歩む組織づくり
  4. (4)JA自己改革の実践を支える経営基盤の強化

また、都市農業の多面的機能の強化を図るために、都市農業を「産業であることはもとより、環境、健康・福祉、教育・余暇などの様々な面で、うるおいのある都市生活を支える農業」と定義づけ、取り組みを強化することを特別決議しました。

 さらに、TPP対策運動として、国民に対する情報の開示や、農業・農村を守るための対策運動の構築、国民生活に与える影響の検証と国民の生命やわが国の主権を守る運動を展開することなど、特別決議しました。

詳細はこちら(PDF)

JA自己改革に向けた取り組み

JA東京グループはJA自己改革を進める上で役職員の危機意識を共有するための小冊子「このままでいいのか!」を作成し、全JA役職員に配布いたしました。

昨年12月にJA東京大会において「JA東京グループ自己改革の実践」を決議したところですが、これを実現するためには全ての役職員が現状を厳しく見つめ、危機感を共有することが必要となります。

小冊子では、これまでの「農協改革」の議論において、JAグループに対して指摘されている批判を新聞、雑誌、書籍、インターネットなどから収集し、JAグループの概況とともにとりまとめを行っております。

今後JA東京グループは、組合員のみなさま、地域住民のみなさまに必要とされるよう自己改革に総力を挙げて取り組んで参ります。

詳細はこちら(PDF)

  • 平成28年度農業政策・税制改正要望 JA東京グループ
  • 平成28年度東京都要望 JA東京グループ
  • 中途採用職員募集(農協監査士試験合格者 随時募集中)
  • JA東京アグリパーク おいしい情報届けます!
  • 江戸東京野菜
  • 『江戸・東京やさいマップ!』東京都内発祥の野菜をまるかじりっ!
  • とれたて!JA直売所
  • 東京野菜レシピ
  • 都市農地の役割
  • TOKYO農業体験 農園めぐり
  • ご存知ですか?災害協定マップ
  • 風景・景観写真コンテスト 東京「農」の風景
  • とうきょう農紀行
  • 東京都農業会館
  • JAグループの提言案 農業復権に向けた ご意見募集!
  • 2012国際協同組合年東京都実行委員会
    国際協同組合年東京都実行委員会 (事務局:東京都生活協同組合連合会)のWEBページにジャンプします